ゲーム

強くてニューゲームが嫌いなタイプは、リングフィットでも緊迫した戦いを求める

るる

contents

強くてニューゲームが嫌いなタイプは、リングフィットでも緊迫した戦いを求める

レベルがどんどん上がることによる弊害

2024/04/18現在、毎日継続しているリングフィットアドベンチャーでレベル72になった。現在ワールド9、「タルマン道総本山」。総プレイ時間は7時間を超え、日々のルーティンとして大分と習慣づいてきたとは思う。

2024/04/18、だいぶ強くなった

しかし、最近頭を悩ませている問題がある。

それが「レベルを上げたくない問題」だ。

リングフィット紹介も兼ねた初回の記事で「レベルが上って楽しい」なんて言ってたやつが、何を言うとるんだ、とも言われそうだが、まあ聞いてほしい。

レベルを上げたくない。つまり、敵を早く倒したくない

昔RPGで、洞窟やサブクエなどで寄り道要素が出てきたとき、すべて探索してからボスに臨んでいた方も多いのではないだろうか。筆者もその一人だ。

リングフィットは自分のリアル体力を使うので、1日に何ステージもクリアすることはできないのだが、次のワールドに行く前に、サブクエが未消化であると、やっぱり気になる。それを埋めたい。埋めてから次に行きたい。

そうなると必然的に、レベルが上がる。

レベルが上がるとどうなる? 

敵が早く倒れる。

敵が早く倒れるとどうなる?

\\ 緊迫した戦いができない!!! //

トレーニングが未消化で終わったり、kcal消化に時間がかかる。というのもあるが、リングフィットもゲームとしてちゃんと楽しみたい筆者としては、やっとこさたどり着いたボスが手応えなく倒されてしまうのは嫌だ。

消化不良にならないために運動中に敵が倒れてしまっても、現在している運動を最後まで続けられるアプデが入ったようだが、レベルが上がると敵がスキル一発で倒れてしまうこともある。

ちゃんと運動負荷を上げれば、回数もこなせるし、トレーニング効果はあるのだ。

だが、違う、そうじゃない。

緊迫した、戦いが、したいんだ!!!

幼少期の思い出

今でも覚えていることがある。ファミコンでドラクエ4をやっていた幼少期。当時は良くも悪くも、あまりシステムを理解していなかったので、レベル上げなどもせず、NPCに言われるがままどんどんストーリーをこなしていった。

当然、レベルなどもカツカツだったので、毎回全力で戦っていた。使える道具も全て駆使しながらも、次々にキャラクターは死んでいく。そうすると控えのキャラが馬車からどんどん飛び出してくる。

そんな戦闘スタイルで、毎回ボロボロになりながらも邁進していた我ら勇者一行。

最終ボスのデスピサロも、本当にきつかった。デスピサロはダメージを負うごとに形態を変えていく。

一体何形態あるんかとおもうくらい、どんどん変身していき、そのたびに仲間がやられていった。最後にのこったのはトルネコ。もう絶望しかない。

もうダメだ、と思った瞬間、トルネコがずっこけて、かいしんの一撃を繰り出した。

デスピサロは沈黙した。

あの時ほど手に汗握った戦闘は、それ以降久しくしていない気もする。その時までとはいかずとも、どうせやるなら、ゲーム性も楽しみたい。

ということで対策を考えた。

解決策その1:威力の低いスキルを入れる

リングフィットはレベルを上げると、徐々に威力が高いスキルを覚えていく。最近覚えたプランクⅡは、なんと威力325もある。

めっちゃ強い

対して、今まで愛用していたプランク(ノーマル)は威力50。レベル70にもなってまだ威力50の技を入れていたのも大概ではあるが、お気に入りのスキルや、鍛えたい部位のスキルは、あえて弱いスキルを入れて戦うのも一興だ。

解決策その2:ウェア(防具)を整えない

レベルは勝手にあげられるが、調整できる部分がスキル以外にもある。それが、ウェアである。リングフィットでは、トップス、ボトムス、シューズの3部位で攻撃力と防御力を上げることができる。それぞれお揃いで固めるとセット効果なども発動する。

新しいワールドに行くと、ショップに強いウェアが並んでいるが、あえて先に購入せずに、クエストなどだけでもらえるわらしべ状態で進んでいく。

そうすると、いい感じのタイミングで村人から強いウェアをもらったりすることができる。

わらしべ状態で進むと、大方クソダサファッションになるのが欠点。

解決策その3:スムージーがぶ飲み

ウェアで防御を固めないと、敵の攻撃一発でハート2.3個くらい軽く飛んだりするので、大分と緊迫した状態が楽しめる。しかし、あまりにも無謀な戦いばかりしていると進めない。こんなときに使用するのが、回復アイテムである「スムージー」である。

スムージーは、素材があれば主人公が調理することができる。初期からお世話になり、ショップで買える、ほうれん草を駆使して「ほうれん草スムージー」などを大量生産しておくととても便利だ。

バトルで負けたときに復活できる「ピーチスムージー」とかも、多分一般のプレイヤーだとあまり使用しないのだと思うが、私の場合、”ラストエリクサー状態”にもならず、使うときはどんどん使う。

ノーマルステージでも普通にやられそうになるので、一戦一戦でまさに緊迫した戦いが楽しめる。自分の体力も減っていくので、めちゃリアルです。

緊迫した戦闘から更にフィットネス効果を得る

このようにあえて背水の陣で臨むことは、ダイエットにも効果がある。それは、「使いたくないスキルを使わざるを得ない」という場面に陥るからだ。

リングフィットには前述したように「属性」がある。敵の弱点属性をついた攻撃をすると、攻撃力が上がる仕組みだ。

黄色ばっかだけど、ちゃんと全属性入れてる。

筋トレにおいて、なかなかつらい運動は敬遠しがちであるが、そうなると偏ったトレーニングになってしまうし、効果も薄れてしまう。

しかしこのような緊迫した戦闘を繰り返していると、「この技を打たないとやられる」場面が多数出てくる。その技がしんどい技であればあるほど、クリアしたあとの爽快感が半端ない。

なんだかんだ楽しい

どうせやるなら、ちゃんと楽しみたいので色々試行錯誤しているのだが、開始してから今までリングフィットが辛くて嫌だ、と思ったことはない。体力的に毎日2.3ステージをクリアするのが精一杯であるが、達成感もあるし、ゲーム性もとても楽しい。

リングフィットも「ただのフィットネスの道具」ではない。いろんな楽しみ方があるので、機会があればぜひいろんな遊び方をしてほしい。

まぁしかし、ドラゴは好きにはなれない。

だってめっちゃ強いもん。

そんなかんじで、ぼちぼち頑張っています。

Twitterからの読者コメントをお待ちしています。
ブログ更新の励みになります!
ポイントサイトのポイントインカム その買うを、もっとハッピーに。|ハピタス ポイ活ならワラウ 1日10分からできる!節約・副業でお小遣い稼ぎ!ポイ活ならモッピー
ABOUT ME
るる
るる
基本ズボラだけど、ためになることを継続したいがために、日記などを書いているゲーマー。 【挑戦中:リングフィット、読書】【趣味:ゲーム、ポイ活、ほったらかし投資】
記事URLをコピーしました